ノリでプレイステーションVRを中古で買ってみて失敗したこと

先日、プレイステーションVRを中古で購入。

近くのゲオで価格は2万円程度で販売していました。

 

コロナで中々外出ができないので「家でできる楽しいこと」を探したら、プレステVRを思い出しました。

 

「子どもや妻と一緒に楽しめそうだなぁ」

 

(買うときはこんな感じのイメージ)

 

ルンルンな気持ちでプレイしようと思ったんですが、2つ失敗したところがありました。

プレステVRを中古で購入を検討している人は、僕と同じ失敗をしないようにして下さいね。

 

中古品は必ず状態確認が必要だった

セッティングが終わって、色々プレステVRでできることを無料アプリをインストールして試していました。

プレイ中は気が付きませんでしたが、VRゴーグルを外すと周囲に黒いものがポロポロと落ちています。

「なんだこれ?」

そう思ってVRゴーグルを確認すると、なんとゴーグルの黒いところのゴムがはがれてきています。

それは尋常じゃないくらい、軽くこするとポロポロ。

もしかすると、VRゴーグルのゴムは劣化しやすい素材なのかもしれません。

 

返品することも考えましたが、ポロポロしたゴムを全部落として利用することにしました。

高い買い物だっただけに、これは残念なところ。

プレステVRを中古で購入しようと考えている人は、状態を確認するようにしましょう。

 

プレステVRの対象年齢は12歳以上

「対象年齢を知らなかった」これがプレステVRをノリで購入してしまった一番の失敗した点です。

 

まだうちの子は保育園なので、対象年齢ではありません。

理由をネットで調べると、斜視(目の焦点が合わない)になりやすいという危険性があるようです。

 

妻と二人で楽しむってのは子供がかわいそうだし。「こんなことなら高値でもニンテンドースイッチ買えばよかった」と思いつつも、せっかく3万円したVRを楽しまなきゃもったいないと思い、色々やってみました。

 

それでもプレステVRは楽しい

失敗したと思う部分はありましたが、それでもプレステVRは購入して良かったと思えます。

初めてVRゴーグルをかけたときの感動はすごいです。

別世界に入り込む、その没入感は使ってみた人にしかわからないでしょう。

その迫力は、最初のうち「ちょっとこわい」と感じるくらい。

ただでさえ怖がりなのに、プレステVRでホラーゲームなんてやったら、かなりヤバいことになるでしょう。

中古での購入は少し失敗したと思いますが、それでもプレステVRは楽しいですよ。

 

コロナ過で楽しむ

コロナウィルスがやってきて、生活ががらりと変わりました。

毎日マスクをつけて、こまめに手洗いをして、仕事だって飲み会だってリモートでやって。

ここまで変わると、いったい誰が思ったでしょうか?

 

特に大変なのが医療従事者。

自分が感染するリスクと隣り合わせで、この病気と命がけで戦っています。

 

それなのに「夜の、大人の、いかがわしい?お店に行きたい!」

そんな気持ちを持っているとしたら、なんて不謹慎なことでしょうか!

 

・・・と言ってはみたものの、男の性には逆らえない。

外出せずに自粛生活を余儀なくされ、締め付けられるほど、行くなと言われるほど、夜の街が恋しくなる。

男ってどうしようもない生き物。

 

真面目な話、人の命が関わるコロナウィルスの感染リスクは、感染者数が増加傾向にあるうちは絶対に避けるべきです。

 

VRは「使い方次第」ですが、マジで感動します。

これはVRを使った人にしか分からない感覚ですが、本当に別世界にいるような体験ができるんです。

 

もちろん、夜のお店バージョンのVR動画だってあります。

そこでは目の前に人がいるような感覚が味わえます。

聞こえてくる声もめちゃくちゃリアル。

国が夜のお店対策にVR配ったら、だいぶ自宅に待機できる人増えるんじゃないかって思いますよ。

 

一度飲みに行くと思えば、VR機材を購入するくらいの金額は捻出できるでしょう。

 

もし「これから夜の街に繰り出したい」と考えている人がこの記事を見てくれたなら、VRの存在を思い出してほしいです。