保険は更新型と全期型のどっちを選ぶべき?

保険の契約には【更新型】【全期型】という、2種類があるのをご存知ですか?

それぞれの特徴を知っておかないと、保険料を何倍も支払ってしまう可能性がある大切なことなんです。

更新型

一定期間がたつごとに保険料を更新があります。(10年更新など)

基本的には掛け捨てで、年齢が高くなるごとに保険料が高くなります。

全期型

保険期間中の保険料が一緒です。「保険料が一生上がらない」など、CMで見かける保険はこのタイプです。積立金があるタイプが多く、資産形成としても使えます。

 

日本の保険会社は大きく分けるとこの2種類に分別され、それぞれの加入者は半分ずつくらいの割合になります。

加入するならどっちがお得?

私が友人や家族へ保険をすすめるなら、絶対に全期型をおすすめします。

なぜなら、保険料の支払い総額を考えると、全期型の方が圧倒的に安いからです。

 

更新型は、更新年齢ごとに新契約を結ぶので、保険料が10年ごとに2倍くらいに上がっていきます。

累計の保険料を比較すると、更新型は全期型の2倍近くの保険料を支払ってしまうことになるのです。

これにより、50代・60代になったとき「保険料が払えない」みたいなことが起こるんですね。

だから、更新型の保険に加入している方は、保障内容を落として、保険料を削っていくしかありません。

保険の仕組み上、すべてにおいて全期型の圧勝なのですが、逆に更新型のメリットはあるのでしょうか?

更新型への加入してメリットがあるのは、一定期間だけ加入して、その後は一切保険が必要ない人です。とはいえ、普通は年を重ねるほど病気や死亡のリスクが高まるため、一般的には全期型を選ぶべきですね。

 

メリットがないのに更新型の加入者が多い理由とは?

全期型の方がスペックが良いことはお分かり頂けたと思うのですが、なぜ更新型に加入している人が多いのでしょうか?

その理由として、もともと日本の保険は更新型しかありませんでした。ですから、かなり前から同じ保険に入っている人は、更新型で加入している可能性があります。

それが外資系の保険会社が、全期型という仕組みを取り入れて広がっていきました。

そうした時代背景もあり、現在でも更新型の保険に加入している人の割合が増えているんですね。

更新型にもメリットがあり、一定期間だけの保障が欲しいときは保険料が安くなります。

「あと10年間だけ死亡保障が欲しい」と考えて、その後保障が必要なければ、一時的に更新型の保険に加入するという選択もありです。

全期型の保険で保障の基本を組み立てて、安く保障が欲しいときに更新型を併用する、そういった使い方もできるんですよ。