「現状維持は後退」何もしないのが一番危険!行動しなければリスクが残る

Pocket

「公務員になりたい」と答える若者が増えています。

「ゆとり世代」のちに「さとり世代」と、若者の考え方の中には「リアル」な現実を見る人が多いようです。

もちろん、こんな時代だからこそ「安定志向」になることも必然です。

だからと言って「このまま何もしない」となると、わけが違います。

「現状維持は後退」なんて言葉があるように、本来年月を重ねるとともに「前進する」のが当たり前です。

月日がたつごとに、知識も経験も積んでいるにも関わらず「まるで成長していない」ようでは、それは後退することと同じなんです。

今すでにお金をたくさんもっていて、今後の生活で「お金に困ることはない」と言える人は「現状維持」でも生活に困らないかもしれません。

しかし、何かしら現在の生活に「不安を抱えている状況」であれば、それを改善するために行動する、そうしなければ年齢相当とは言えないでしょう。

私の場合、将来にこんな不安があり、それを解決するために最良の行動を常に考えていました。

・嫁の家族の万一の場合に備えて交通費が必要

ポイントサイトを自動収益化してマイルを貯める

・親の介護や病気のリスクに備えて貯蓄が必要

毎月の給料を5万円以上貯蓄に回す習慣化

・自分が障害を負ったら家族に迷惑がかかる

保険の見直しをしてリスクに備える

 

私の場合、不安の原因はほとんど「お金」でした。

以前は、お金の不安を解消するために「宝くじが当たったら・・・」と現実逃避をしたり、たまに浪費をしてストレスを解消することもありました。

だけど、そんなことを続けたとしても、現状は1ミリも前進することがありません。

本当の意味で問題解決をしない限り、自分の後ろに不安がいつもつきまとい続けます。

私は「お金の不安」から逃げずに、解決策を考えることが正解だと思いました。

不安を払拭するには、その原因を拭いさるしかありません。

そこに気が付いたら、そこからは行動するしかありませんよね?

 

むしろ、お金のことに不安になるだけマシかもしれません。

とても危険な状態に気が付かずに、平々凡々と生きているだけなら「生存を脅かす重大な事故」が遭った瞬間に、その人の人生は間違いなく危機的状況に陥るでしょう。

当たり前のように生きている今だって、深堀りして考えると「現在の状況なんて安全そうに見えて穴だらけ」なんです。

現状維持は安全か?

現状維持を続けることが「一番安全」というのは、すべて錯覚です。

現状維持が安全と言えるのは「一生涯生きている資産をすでに保有している」状態です。

何か1つ予定と違う「うまくいかないこと」が起こると、それが崩れていきます。

現状維持でどうにかなるのは、基本的に「家族全員が健康な状態」であることが条件です。

お金の不安に備えるためにの行動

具体的に、私はこれらの行動をやりました。

 

・節約

・転職

副業

 

「お金があるからって幸せではない」は、ハッキリ言って言い訳です。

どんなに言い逃れをしたくても、お金について不安が残る理由は「収入が低いこと」が一番の原因です。

それでは、お金の不安を解消するためにできる「節約・転職・副業」というアクションについて

 

節約は「ネット節約」が最優先

私の場合、最初に始めたのが節約です。

節約は、大きなアクションを起こさなくても、今この瞬間から始めることができます。

光熱費の削減も良いのですが、これだけネットが発達している時代なので、もっと効率的な節約方法があります。

 

・支払い方法を楽天ペイとLINEペイにする

楽天市場はポイントサイト経由にする

ファンくるでモニターを利用する

 

普段は電気をこまめに消しているにも関わらず、コレをやっていないなら行動が矛盾していると言わざるを得ません。

知らなかっただけの人はまだ良いのですが「知っていてやらない」のであれば、節約の順序を間違えている可能性があります。

ネット節約には、より労力が少なく大きな節約ができる方法がたくさんあるのです。

 

転職は吉と出るか凶と出るかのギャンブル

以前は「お金がないのは給料が低いから」という考え方だったので、何度も転職を重ねていました。

基礎収入が少ないなら、もっと稼げる仕事に転職した方がいいです。

ただし、今思えばそれは「ギャンブル」でした。

今でこそ仕事がちゃんとできますが、転職してすぐは覚えることも多く、新たな人間関係の構築にも多大な労力が必要です。

吉と出るか凶と出るか、それは転職してみないとわかりません。

それでは、最後のアクション「副業」についてです。

 

僕は「副業をやって良かった」と思っている

転職して少しは収入が増えたのですが、決して満足いく収入ではありませんでした。

そこで、僕は副業を始めることにしたのです。

胡散臭いので「副業」って言葉は好きじゃありませんでした。
それでも、今は「副業をやって良かった」と心から思えます。

副業というと「Wワーク」を思い浮かべる人もいるでしょう。

私も「Wワーク」が副業の出発点でした。

生活費を稼ぐためにアルバイトをしていたのですが、2つ仕事をするのは体力的にムリがあると思い辞めました。

そこで「自宅で仕事ができること」を探したのです。

最初は、在宅ワークを中心にやりました。

誰でも利用できるこれらのサービスを使えば、自宅にいながらお金を稼ぐことができます。

 

・ココナラ

・クラウドソーシング

 

具体的には「文章を書く」とか「翻訳する」などの仕事を始めました。

パソコンで作業ができるので「自宅でお金を稼ぐ習慣」をつくることにもつながりました。

ただし、これらは「労働型」の仕事。

これでは「働く時間が短くなれば収入が途絶える」ので、僕が抱える不安を消すことはできません。

そこで、僕が考えたのが「収入の自動化」です。

なんだか、書けば書くほど胡散臭い。
だけど「自動所得」を作ることは可能です。

自動収益を作るといっても、簡単なことではありません。

だけど、ほぼ無料で自動収益を作ることはできます。

 

具体的には、ブログやSNSを使って「広告収入を増やす」ことです。

僕はお金がなかったので、無料ブログやSNSを使って広告収入づくりを始めました。

その方法は・・・と教える記事ではありません。

行動する人だけがつかむ未来

「今日行動しない人は、多分1年後も変わらない」

これは、色々な人を見ていて思うことです。

これは他人だけじゃなく、家族を見ても同じことがわかります。

この3年間、僕は「お金を作る」という行動したんですが、僕の嫁は行動していません(笑)

もちろん、嫁は家族だから「稼げ」なんて強要するつもりはありません。

だけど「嫁と同じように普通の生活を続けていたら、今の副収入は発生していなかった」ことは、間違いありません。

人生に棚から牡丹餅みたいなラッキーは、宝くじでも当たらない限り訪れません。

「欲しいものは手に入れる」というポジティブな原動力じゃなく、僕のように「万一のときが不安」というネガティブな思いも「お金を稼ぐ」原動力となります。

節約も転職も副業も、行動したから今がある。
行動しなければ意味がないんです。