医療保険の入院給付金の決め方は?オプションの特約はどこまでつける?

Pocket

生命保険の代名詞と言えば「医療保険」と言っても過言ではありません。

病気になって入院した場合に入院期間を日額で保障する「入院給付金」と、手術を1回するごとに給付される「手術給付金」の2つが、医療保険の基本的な保障内容となります。

それに加えて、入院するたびに見舞金が支払われる「入院見舞金」や、通院を保障する「通院給付金」などがあり「どこまで付けていいのかわからない」と考える人もいるようです。

また、最近では「先進医療」も特約でつけられるようになり「どこまで保障を充実させればいいの?」と悩むところも多いです。

 

人気の医療保険会社一覧

契約件数保険会社商品名
1位アフラック医療保険EVER
2位オリックス生命新CURE
3位メットライフ生命Flexi S
4位日本生命みらいのカタチ
5位東京海上日動あんしんメディカル
6位損保ジャパンひまわり健康のお守り
7位富国生命未来のとびら
8位アクサ生命スマートケア
9位三井住友海上あいおい&LIFE
10位太陽生命保険組曲Best

人気の医療保険はアフラック

CMや広告の効果もあり、医療保険で契約件数が一番多いのは「アフラック」「ちゃんとこたえる医療保険EVER」が主力商品となっています。

アフラックは郵便局(かんぽ生命)とも提携しており、保険外務員を通じた営業で加入する人も多いようです。

私も、最初に入った保険はアフラックだったのを覚えています。

以前は年を重ねるごとに保険料が上がる更新型の医療保険でしたが、現在は保険料が変わらない終身型の医療保険となっています。

入院の保障期間は60日で、医療保険の中では短期入院の部類に入りますが、その分掛金が安いのが魅力です。

長期入院に備えたい人は、他の保険会社も当たってみた方が良いとは思いますが、最近では入院保障は短期型が多いので「とりあえず加入しておいたら安心」と思う人にも手ごろな医療保険だと思います。

 

医療保険の加入金額

医療保険に加入するときに、最初に悩むのが「入院給付金はいくらにすればいい?」ということです。

医療保険に加入する金額については【入院日額1万円】をモデルにしておくと、医療費にお釣りがくるくらいの給付金がもらえます。

単純な医療費は「高額療養費制度」を使えば月に10万円を超えることはまれなので、5000円程度の入院給付金でも十分保障できます。

しかし、複数人の部屋ではなく1人~2人部屋を指定した場合「差額ベッド代」が発生するため、「入院中は静かに過ごしたい」などの希望がある場合、入院給付金は1万円以上にしておいた方が良いでしょう。

しかし、考え方によっては入院給付金が5000円でも、1カ月の入院で15万円の入院保険金がもらえますので、貯蓄から差額ベッド代を支払ったとしても負担は軽くなります。

保険の営業としては「保障内容が良いものを提案」するのがセオリーなので「保険料が高いから加入しない」と考えがちです。

保険の必要性を感じていない人が保険料を支払いたくない気持ちはよくわかります。(私もそうだったので)

だけど、保険は「未来への投資」であり「今の厄除け」です。

「損か得か?」も大切ですが「病気にならないための厄除け」と考えると、医療保険こそ加入必須の保険だと思います。