「盾の勇者の成り上がり」ラフタリアがかわいい

Pocket

異世界系のアニメって抵抗があったんですが、見始めるとけっこう面白いですね。

「ソードアートオンライン」「リゼロ」「転スラ」「オーバーロード」あたりを見ていました。

そして、新たに「盾の勇者の成り上がり」を見ています。

 

ヒロイン「ラフタリア」がかわいい

耳もしっぽも生えているヒロインをかわいいって思ってしまうのは、オタク度が末期になったからかもしれません。

 

ラフタリアは尚文に奴隷として購入される

ラフタリアは、普通のヒロインとは少しちがいます。

この世界で、人間ではなく「亜人」と呼ばれており、人間たちから忌み嫌われている存在です。

しかも、その亜人を奴隷として購入したヒロインって設定。

主人公(尚文)はラフタリアを銀貨で購入、この辺りも性癖にぐっときます。書いていて自分が変態なことがわかります。

孤立した尚文を支え続ける存在

異世界召喚された4人の勇者。

その中で、誰からも期待されていない盾の勇者として召喚された主人公の尚文。

旅立ちをしても、すぐに仲間にはめられて孤立してしまいます。

しかも、最低な「女性を襲った」という汚名を着せられた上に無一文。

そんな尚文の心がすさんでいく中で、奴隷として出会ったのがラフタリア。

従順でか弱い奴隷から、尚文のかけがえのないパートナーへと成長していく姿も見どころです。